teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ラストラン、江差線最期の冬

 投稿者:白玉の人  投稿日:2014年 1月15日(水)23時18分6秒
  謹んで寒中お見舞い申し上げます。
別れを惜しむ人々が日増しに増えています。122Dから125Dに換わる江差駅では、折り返しの停車時間が12分しか無く、立ち客の多いこの列車は降車と乗車に時間がかかり、遅れが発生するほどです。最期の秋も終わり、最後の冬を迎えている今日この頃、もう廃止まで4ヶ月を切りました。未だ代替え輸送の道路も未整備のまま、完成までまだまだ掛かりそうです。ここでもJR北海道の調査及びローカル線に携わる姿勢が現れています。慎重に調査をし、地域住民の事を考慮していれば大きく変わっていた事でしょう。ここでお知らせですが、Rail Magazine本誌2014年1月第364号(11月21日発売)「ラストラン、江差線最後の冬」と「江差線 木古内~江差間に乗る」に画像が掲載されました。ウェブ版の「編集長敬白」では次の四つのURLに掲載されています。
http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2012/08/09/
http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2013/03/13/
http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2013/07/04/
http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2014/01/14/
また、週刊朝日の朝日ウェブhttp://dot.asahi.com/photos/photogallery/archives/5220/では、私の撮影した江差線の画像が掲載中ですので、御高覧戴けると幸いです。
 
 

最期の秋を迎えた江差線

 投稿者:白玉の人  投稿日:2013年10月 4日(金)11時41分2秒
  こんにちは、いつも大変お世話になっています。
別れを惜しむ人々で賑わい、運転される臨時列車はすぐに完売、デイタイムの列車も立ち客が珍しくなくなり、もの凄いブレイク振りです。まるでお祭り騒ぎのよう。廃止後に訪れる寂しさと静けさがたまらなく恐ろしい……、今最期の秋を迎えている。短い余生、もう廃止まで約7ヶ月余り、最期まで安全に走り続けてほしい、華やかな最期であってほしい、私からの願いです。それと同時に感謝の気持ちが「ありがとう江差線」と………。代替え輸送の道路も未整備のまま、完成まで4~5年は掛かりそうです。ここでもJR北海道の調査に携わる姿勢が現れています。慎重な調査をしていれば少しは変わっていたでしょう。ここでお知らせです。10月8日火曜日(地域により10日頃)発売の「週刊朝日10月18日号」では5頁に渡り、私の撮影した江差線の模様が掲載される予定ですので、お知らせ申し上げます。廃止に揺れ、そして廃止の決まった江差線、御高覧戴けると幸いに思います。都道の際には、Rail Magazine別冊「お立ち台通信VOL.11」の特集記事での「存亡の岐路に立つ江差線」、「お立ち台通信VOL.12」の撮影地ガイドを御参照戴けると幸いです。
 

廃止の決まった江差線、来年の今日はもう訪れない

 投稿者:白玉の人  投稿日:2013年 7月 6日(土)15時39分33秒
編集済
 

こんにちは、いつも大変お世話になっています。
江差線の廃止が決定されてから三ヶ月余り、別れを惜しむ旅人で賑わう今日この頃………。運転される臨時列車はすぐに完売、もの凄いブレイク振りです。まるでお祭り騒ぎのようですね。この後に来る寂しさと静けさがたまらなく恐ろしい。もう廃止まで一年を切ってしまっています。今一度、最期に是非、花を咲かせ、飾ってあげたいものです。「ありがとう江差線」と……………。7月5日、Rail Magazineホームページの編集長敬白のコーナーに江差線の臨時列車の模様と、自宅ギャラリースペースに於いての写真展の記事を掲載させて戴きました。廃止に揺れる江差線、そして廃止の決まった江差線、御高覧戴けると幸いに思います。お越しの際にはRail Magazine別冊「お立ち台通信VOL.11」(ネコ・パブリッシング)の特集記事で「存亡の岐路に立つ江差線」の撮影地ガイドを御参照戴けると幸いです。

 

あけまして、おめでとうございます。

 投稿者:タンボ  投稿日:2011年 1月 6日(木)09時38分51秒
  大変、ご無沙汰しております。
元気ですか?
昨年6月からブログを始めました。
で、期間限定ですが、汽車の写真をアップしてます。
良かったら、見に来てください。
宜しくお願い致します。
http://minkara.carview.co.jp/userid/771013/blog/
 

鉄道で旅する北海道2011年冬号

 投稿者:白玉の人メール  投稿日:2010年12月30日(木)14時22分13秒
編集済
  いつも大変お世話になっています。度々御案内させて戴き有り難うございます。MGブックスから「鉄道で旅する北海道」2011年冬号が12月出版されました。今回は道南のインフォメーションの他、江差線(電化・非電化)とその沿線を紹介しています。表紙及び見開きの他二十余点の画像(キャプション、クレジットなしの画像も含まれています)で参加していますので、是非御笑覧の程宜しくお願いします。
 

写真展、函館駅で

 投稿者:白玉のひとメール  投稿日:2010年10月 4日(月)23時03分39秒
  こんにちは、御無沙汰しています。いつもホームページを拝見させて戴いています。突然で恐縮ですがイベントのお知らせです。10月2日(土)~6日(水)まで、JR函館駅2Fイカすホールに於いて、写真展「きしゃ」を「北海道夢れいる倶楽部」主催で午前10時より午後6時まで開催する事になりました。出展者(敬称略アイウエオ順)は、「相澤 宗生(函館)」「沢岡 龍一(函館)」「塚平 繁(七飯)」「辻 晴穂(江差)」他数名です。写真展「きしゃ」は今回で3回目となり、17回目の鉄道の日を迎える事に因んで行われます。海峡線・新中小国から長万部界隈にかけての機関車牽引の旅客・貨物列車がテーマで、60点の作品が掲示されます。今回は、撮影範囲に海峡線・江差線(電化区間)を新たに追加、DLの他EL・SLの画像も展示されます。お忙しい事と思いますが、御都合お繰り合わせの上御笑覧戴けると幸いです。尚、「北海道夢れいる倶楽部」のサイトhttp://jnr.donan.net/に写真展の概要及び履歴が掲載されていますのでアクセスして戴けると幸いです。展示内容;JR北海道函館支社管内を走る機関車牽引列車を撮影した作品(函館本線 函館~長万部、江差線 五稜郭~木古内、海峡線 木古内~新中小国〈信〉)  

写真展「きしゃ」

 投稿者:北海道夢れいる倶楽部  投稿日:2009年 9月30日(水)23時01分36秒
  下記の補足です。未完成ですがHPをご覧ください。
来年2010年の開催につきましては、作品を広く公募する予定です。
北海道内の非電化区間で撮影された機関車牽引の長編成の列車の写真をお待ちしております。

http://jnr.donan.net/

 

レスです。

 投稿者:キー坊  投稿日:2009年 9月30日(水)21時24分22秒
  >白玉な人さん
 ご無沙汰しております。写真展ですか。是非拝見したいのですが、函館となるとちょっとキビシイですねぇ。夏には1ヶ月の間に3回も函館に行く機会があったのですが、今のところそういう予定も無いものですから…

http://www.number21.jp/diary/taiyou/

 

写真展「きしゃ」

 投稿者:白玉な人メール  投稿日:2009年 9月29日(火)01時36分47秒
   こんにちは、いつもお世話になっています。10月1日より8日まで、函館駅2階、イカスホールに於いて、写真展「きしゃ」を開催する事になりました。
出展者は、「富永 昌嗣(札幌)」「中山 博康(函館)」「小橋 達也(函館)」「辻 晴穂(江差)」の4名です。今回で16回目となり、函館から長万部界隈にかけての機関車牽引の旅客・貨物列車がテーマで、60点の作品が掲示されています。初日は午後1時より6時まで、中日は午前9時より午後6時まで、最終日は午後4時までとなっています。主催は、「小橋 達也」代表の「北海道夢れいる倶楽部」です。お忙しい事と思いますが、御都合お繰り合わせの上御笑覧戴けると幸いです。
 

レスです。

 投稿者:キー坊  投稿日:2009年 6月 7日(日)12時33分33秒
  >SLを愛する中年さん
 ご無沙汰しております。オイラはもう5年もHPを更新してないなぁ…(^^;
 餘部は高校生の頃に一度訪問しただけですが、日本を代表する鉄道風景ですよね。もう新線って出来たんでしたっけ?最近すっかり鉄系の情報に疎くって(^^;
 道内の煙分補給は昨年の夕張以来全くしていませんが、常紋試運転には行きたいと思っています。

 こういう地域はブロードバンド化の予定は全く無く、ますます世間から疎外されています。どうにかして欲しいです。

http://www.number21.jp/diary/taiyou/

 

レンタル掲示板
/11